2018年5月20日日曜日

JUST FOR ONE DAY。


朝方大阪から戻ったが全く眠れず近所を散歩して「男はつらいよ~寅次郎忘れ名草~」(昭和48年)を。
リリーさんとの出会いの回。そして自分が生まれた年の作品は当時の風景なども観れるから楽しいね。
ちょっとゆっくりできたところで本日の会場代々木Zher the Zooへ。
リハでは全曲を通し今夜がいいライブになりそうな予感がヒシヒシ。


無茶振りと思われたいきなりのワンマンも会場は満員。
このメンバーで演奏できる幸せを噛み締めながら思いっきり楽しんで叩いた。

「透明少女」を歌うひさ子ちゃん、「April Passenger」を歌うヤマジさん(ほとんど近藤さんも歌ってた)「HUMAN FLOW」を歌うヤマジさん、が昨夜のハイライトだったような。
フロアのお客さんの驚き、泣き、喜ぶ顔がたくさん見えてもらい泣きしそうになりました。

 
ツアー帰りの百々ちゃんも駆けつけてくれて最後はきっちり飛び入りもしてくれてこのメンバーだとやはりルースターズ祭り。
近藤さんヤマジさんで「Case Of Insanity」ヤマジさんがドラムを叩くテキーラ、そしてラストは俺も参加して「どうしようもない恋の唄」で終了。

とにかくセットリストのセンスも抜群でカッコいい曲ばかり。そして叩き甲斐のあるナンバーばかり。ドカンと目立つミスもいくつかやってしまいましたが…それを差し引いても 贅沢な夜でした。

若い頃、2018年にこのメンバーでライブやるなんて想像してただろうか?いや全然してない。不思議な気分だったしとにかく素晴らしい夜だった。

次回は秋の予定。 楽しみだね。

            










--ひさ子+ヤマジ--
1. See no evil / Television
2. Making Plans For Nigel / XTC
3. Shady lane / Pavement
4. Gold Soundz / Pavement
5. 天国の名前 / ももいろクローバーZ
6. Shot by both sides /Magazine

--近藤+ヤマジ--
1. Hey Hey, My My (Into The Black) / Neil Young
2. The Wagon / Dinosaur Jr
3. One of us / Joan Osborne
4. 5月31日のブルーズ / 近藤智洋 
5. GARDEN / dip
6. I am the walrus / The Beatles 

--5人--
1. Heroes / David Bowie
2. 空に揺れたい / dip
3. オモト / dip
4. 透明少女 / ナンバーガール
5. HUMAN FLOW / dip
6. Venus in furs / The Velvet Underground
7. April passenger / PEALOUT
8. CMC / The Roosters  ( PEALOUT ver. ) 

--encore--
【JUST FOR ONE DAYアンコール】

1. Tomorrow Never Knows  / The Beatles〜 SETTING SUN / The Chemical Brothers

ゲスト:百々和宏

1. Case Of Insanity
2.テキーラ
3.どうしようもない恋の唄
(THE ROOSTERS)
 
 
 

 

2018年5月19日土曜日

FANCLUBイベント大阪編。

持ってるTシャツの90%がガンズンローゼス。
遥か向こうにキリンみたいな巨大建造物が・・・
朝6:30
杉並を出発。
前夜弾き語りの為前乗りしている高野氏以外のメンバー+今回の同行スタッフ・シャブちゃんとで大阪を目指す。

無事到着して高野氏と合流。
すぐにリハーサルの為のセッティングを。
久しぶりの2nd Line。
そして久しぶりのTHE JUNEJULYAUGUSTもだね。

多めに時間を取っていたのでたっぷりと演奏する時間もありリハは滞りなく終了。

それにしてもこちらはどこよりも増し増しの爆音だ。
曲が終わってのメンバーの雑談も全く聴き取れないほど鼓膜が悲鳴を上げている。




いちいち弾くフレーズが渋い!

ファンクラブイベント大阪編。
まずはTHE JUNEJULYAUGUSTから。
先日のワンマンで披露した新曲から始めてO.Aというよりガッツリ2マンなボリューム。
東京ともまだ違う独特の反応。
セッティングの都合上風間氏のドラムセットで叩いのもなかなか新鮮で面白かった。

大トリはTHE BLACK COMET CLUB BAND。
今夜もニューアルバムからのゴキゲンなナンバーをメインに。
お客さん入ったら音が吸われて落ち着くだろうと予想していたが反抗期の中坊の如く落ち着きをみせずステージ上を暴れまわる音の塊たち。
一瞬で駆け抜けたような時間だった。

終演後はご歓談タイム。
DJ、バーテンダー、と時間が許す限り楽しい時間を過ごした。

搬出後にそのまま都内を目指しでっぱつ。
誰からともなく「あの店に寄らない?」と。
寝落ちして目覚めるとそこは京都。
深夜なのに賑わう店内。

昼味噌ちゃんぽん
夜味噌らーめん

ツアーの時しか来たことはないが麺類コンプリートを目指しみんなとは違う味噌を。
うん、なかなか美味い。
パーティーで少々召し上がった風間氏は気が大きくなったのかこの時間にラーメンとチャーハン。酔うと更に声もデカくなり店内に響く風間ボイス。

何度か休憩をとりながら都内着は朝6時。









2018年5月18日金曜日

JFOD最終リハ。


今日も暑い。
もう夏なんじゃないか?と思うが毎年その前の梅雨の存在を忘れがち。
忌々しいあの梅雨を。

今日は5/20ワンマンの最終リハ。
ようやくここまで漕ぎ着けた感とまだまだ油断ならない感が交差する胸中。
しかし数年前なら、いや若い頃2018年にこのメンバーで音を鳴らす未来を想像していただろうか?
全くしていない。だから不思議。

近藤さんとヤマジさんのセレクトした選曲はどれも好きなものばかりで馴染みのあるものや刺激的なものなどとても楽しい。

そして近藤さんがdipを歌いヤマジさんがPEALOUTを歌いひさ子ちゃんがNUMBER
GIRLを歌う姿を観ながら叩くのはとても贅沢であるからしてきっと当日のお客さんはもっと素敵な気分になるだろうと思う。

ガッツリとセットリストを通す。
ワンマンだからすごいボリューム。
よくぞこれだけを頭に叩き込んだな俺。まだ終わってないけど。

スタジオにUKプロジェクトKさんも来てくれて本日もリハ終わりにKさんも含め暖簾をくぐる御一行。
すっかりチーム感もでてきて会話も弾み酒も進む。

俄然楽しみになってきた。


 



2018年5月17日木曜日

大阪編に向けて。


 
カロリーメイトはやっぱチーズ味に限る、って他の味食べたことない。

カロリーメイトといえばゴリラーマン、ハロルド作石、そしてLIBERAと連想ゲームのように思い出す世代。
ゴリラーマンも好きだったが男系の漫画で好きだったのは湘爆、ビーバップ、ろくでなしBLUES、クローズ辺りが四天王。
おっと男大空も忘れちゃいけません。男坂とかね。暑苦しいですか?

それに加え手塚治虫、藤子不二雄、横山光輝「三国志」などもってた数百冊の漫画を全部売っ払ってしまったのは少しばかり後悔している。
たまに読みたくなるんだけどね。




昼飯は高円寺中通りにある老舗「ニューバーグ」にてサービスランチ600円。
いつもながらこのボリュームでこのお値段はお得。
でも俺にとってNBは無味無臭。
耳に次いで鼻と舌までバカになったんかと思ったりもしたが…うん、無味無臭だ。
ライスの量もいつもまちまちで小盛りって言ったっけ?ってくらい少なくおかずとのバランス悪いたらありゃしない。
そして味付けしてない素のパスタ。
最初にこれを付け合わせにしようと考案した人はどなたなんだろ?
いつも持て余す存在。

文句(じゃない)言ってますがいつも美味しくいただいてます。
 


ファンクラブイベント大阪編に向けてのTHE JUNEJULYAUGUSTリハ。
セットリストを通し完全に仕上がったところで終了。
久々?のような気がするジュンジュラ大阪。楽しみだね。

帰宅したら怒涛の毎日にホッと一息。
人としてやらなけばならない事を一切合切後回しにして生きてまずか大丈夫でしょうか。
そんな事もちょっと置いといてツインピークス観ながら晩酌で心休まる深夜。



2018年5月16日水曜日

通しリハ1回目。


神保町 丸香にて冷かけ中盛りとちくわ天を。
あまりコシの強いうどんは好みではないがここのはいい加減の柔らかさでつるっとしていて美味い。
着いたら前に20人くらい並んでいたが回転は速いので15分まで入店。

そして5/20「JUST FOR ONE DAY」の通しリハ。

どうしても頭の拍が取れなくて悩んでいた曲のことをヤマジさんに話すと「え?そーなの?普通だと思ってた。」と。
で、合わせてみたら不思議と問題なし。合う!合う!アウ!なんでだろ?

このフレーズに苦しんだここ数日間は一体なんだったんだ7days。
やっぱり10回の個人練習より1回のバンド練習ってことですね。


そして5人でdip,PEALOUT,NUMBER GIRLの曲を演奏する凄い光景。
ヤマジさんとひさ子ちゃんのツインギターも素晴らしい。
5時間ほぼ叩きっぱなしで疲れたが最高に楽しかった。

気を良くした我々は居酒屋にて打ち上げを。
ひさ子ちゃんとは知り合って20年以上が経つが一緒に呑んだのは初めてでとても楽しかった。

さてあと一回のリハで仕上げよう。
このスペシャルなワンマン、一人でも多くの人に観てほしいな。





NUMBER GIRL
PEALOUT

叩いて叩いて。



言わずと知れた中野大勝軒。
一説にはつけ麺発祥の地。
ここに通ってもう長いがずっと同じメニューを注文する。
肉入りつけそば。
これで全部事足りる。

店員によって盛りの量が全然違ったり
全員アジア系の店員の時間帯があったり
美味い!日と ん?ん?の日があったり
タイミング悪いと茹で置きの麺出されたり
決して全てが最高なわけではないがなんかいい。そして安心の美味さ。
久々に中盛り食べたらちょっと多くて飽きてしまった…









「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

単純に楽しめた。
あーいるいるこういう女性。
という感じのエピソードが連発。
こりゃ振り回されるよね。
しょうがない。

安藤サクラは大好きな女優で最高だった。
そして観終わったら確実に奥田民生を聴きたくなる。
「FAIL BOX」は大好きで今でもよく聴く。




一人スタジオに入り自撮りしてる気持ち悪さったら。

今週は月〜金とスタジオ週間。
到着いきなりアイス。
そんな私はUP-BEAT世代。
北九州出身のバンドなのにそんなに夢中になれなくてすみませんでした。でもまだ間に合う。


いよいよ尻に火が点いてきた感アリアリで叫びにならない叫び、というか唸りというかただの悶絶シーン。
何度叩いても理解できないフレーズがあるんす。こりゃ一体どうすりゃいいんだろ。困ったちゃんです。
そのフレーズばかりに時間を費やし他の曲が手薄になるというヤバイパターン。
いよいよ年貢の納め時か。

いや、まだワンマンまで数日ある。
もう少し足掻く。
根拠もないけどうまくいかなかった事なんてなかったじゃない?と自分を落ち着ける時間と
ヤバイヤバイヤバイよヤバイよと焦りまくり空回る時間が交互にやってきて夜は更け叩きながら一瞬意識が何処かへ飛んで行った(寝落ち)から強制終了。
やはり暗くなったら寝るに限る。

生温い風が吹く五日市街道を

負けない事投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くことダメになりそうな時それが一番大事〜

と決して声には出さず頭ん中で復唱しながら帰宅。


はぁやっぱりカッコイイ。
ロックンロールはタイト、シンプル、ストレートだね。

2018年5月13日日曜日

母の日。


 
狂乱の渋谷から一夜明けTokyo Cityは雨だらけ。

だけんどワシにはやらなあかんことがギュウギュウに渋滞して詰まっとるんじゃゴラァ。と半ばヤケクソ気味にチャリのサドルがぶっ飛んでいきそうな勢いでもって漕ぐ漕ぐ。

朝練。
5/20ワンマンに向けて頭の中でこんがらがったままグシャグシャになっている曲たちをほぐす。
ストン、ストンと音がして少しづつ収まる場所にぴたっとはまる。
それでもまだ足りない。
焦る気持ちと反比例する記憶力と体力。
そして悪化する風邪。同時に腹の具合も急降下。

それからTHE BLACK COMET CLUB BANDミックスダウン(トラックダウン)。
意欲作、力作、最高傑作、とどういう冠かはわからないが一言で「カッコイイー!(カッチョイイでも可)作品に仕上がりつつある。

滑り込みで慌てて手配する母の日ギフト。
毎年鉢植えの花を贈っているがよく考えたら増え続けると手入れ大変だろうしと考え今年はさくらんぼを母に送った。無事届いたとメールが。(ハートマーク付き)
しかしおかんがさくらんぼを好きだったかどうだったかまでは知らない。これもまた自己満足かな。
ともかく母に感謝。
あなたがいたから俺がいる。
 
 
なんだこのケシカラン面子は!