2017年12月17日日曜日

人間の尻尾の〆。


入りが午前10時。
出番が13:50。
ライブ本数をカウントする習慣はないがなんと…なんと2017年HUMAN TAILは今日は入れて2本…しかも前回は1月という…
こんなにやってないとは正直思わなかった。

5人編成初ライブにして本年度〆。
夜は子供を連れてこれないからと日曜日の昼時はとても良い時間帯らしくキッズがあちこちにいるフロアだった。

junさんや風間さん、たくさん友達が来てくれたのも嬉しかった。
junさんに「なんかの帰りとかですか?」と聞くと「いや、HUMAN TAIL観に千葉から来たよ。ライブは観れる時に観とかないとね」という言葉に感激した。

ライブはまだまだもっとよくなるだろうしツインギターならではの良さをもっと活かせればと思う。
毎年言ってるが来年こそレコーディングをしたい。
 

忘年会を兼ねた打ち上げは15:00-17:00というナイスな時間。
他人への不満や噂話ばかりな呑みの場はこちらの性根が腐ってしまいそうでなるべく避けたいが昨日は前向きで夢のある話ばかりできてとても楽しかった。
1時間ポッキリね!と居酒屋で二次会。
帰宅してもまだ19時台という幸せ。

というわけで来年は3本以上ライブをやろう!
と思ったら2/18「LUNCH TIME ROCKERS」への出演決定。
2/9「45/45」もあるから1ヶ月に2本とはHUMAN TAILにしてはハイペース。

ISHIKAWAさんありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
photo:okazu↓


セットリスト
1.里山下剋上
2.焼き鳥屋さん
3.神の骨
4.猫ぺったんこ
5.松永
6.会津の冬
7.席替え






なんだこの顔(笑)見ちゃいけないものを見てしまったような・・・




2017年12月16日土曜日

歴史。

 


東京新のんき連勉強会。
  徳島新のんき連より池田連長、日野副連長、東さんをお迎えして来年発足50周年を迎える徳島新のんき連の貴重映像を交え阿波おどりの歴史を学ぶ。
  ルーツを知ることにより今自分たちがいるポジションを再確認でき気が引き締まる。

始まるまではもうちょっとざっくばらんな感じなのではと勝手に想像していたが60名以上の参加者でしっかり真面目な勉強会だったしとても有意義な時間だった。

徳島から来ていただいた本部の皆さんに感謝。




 

2017年12月14日木曜日

平日。

バンド練習もありつつ阿波おどり練習もやりつつ。全てが同時進行で進んでゆく。クリスマスも正月もない。というか返上だ。

今のところ今年の反省も来年の抱負もやらないつもりだ。
毎日を生きるのが精一杯でなかなかそんな余裕もない。
あ、唯一毎年抱く翌年の抱負「来年こそはゆっくり暮らしたい」は繰越で。


 

 


 

19:00-22:00@座高円寺 
東京新のんき連全体練習

大半が20〜30代会社員で構成されている為さすがに平日のこの時間は出席者もまばら。
それでも出演がない期間は大切な基礎練習シーズン。

鉦を担当。
叩いていると今まで体験したことのないような耳鳴りがしばらく続き怖くなる。

支離滅裂だかポールシムノンカッコいい。
100点。


 

 
 
シリーズ 今日の一枚♫:RADIOHEAD「KID A」(2000)
発売から17年も経ってるとは。
今聴いた方が当時よりも好きだ。

#シリーズ今日の一枚


2017年12月13日水曜日

kynk。


前夜の打ち上げのダメージは無し。
というかそんなに呑まずに帰宅したので予定通り朝からスタジオにて個人練習。 自分の中では恒例となりつつある直前の詰め込み教育。
この行為自体が全体リハに活かされるのかどうか自分ではよくわからない。


夕方から12/28に向けての近藤ヤマジ中西KAZIのリハ。 四人編成初ライブであるしトリで持ち時間もかなり長いため新たな課題曲も数曲。
初回ということもありまずはざっと全曲通すがなかなかの緊張感であっという間の3時間。

次回のリハではもっとよくなると思う。しかしライブが楽しみだ。
軽く一杯行きますか? という声を誰も発することなく解散。

ヤマジさんとの帰り道で誰かが飯行こうと言い出すもんだとそれぞれが思っていたことが判明。 そういう距離感のバンド。

今回もやり甲斐ある。
やり甲斐って大事だね。


2017年12月12日火曜日

2017121245。



朝6時でもまだ真っ暗だ。
寒い時期はどうしても布団から出るのが億劫でさぼり気味になってしまうが気合いを入れて外に飛び出す。
高円寺から環七へ、環七から神田川へ。快晴で気持ちのいい朝ウォーク時々ランだった。

帰宅して高野氏の誕生日祝いに何かできないかと今宵のセットリストを描くことに。
久々にセットリスト手書きしたが楽しいね。年末辺りまたやるか。


 吉祥寺に着いて思うのは自宅から結構近く、しかも人気の街なのに年に数回ほどしか訪れないということ。(ウォーキングの井の頭公園は除く)
特に深い理由があるわけではないが特に縁もない。

記憶が正しければmy way my loveとの2マンシリーズはこれで4度目。いや、きっと3度目だ。

planet Kのステージ上はかなりやりやすく全く問題はない。
問題があるとすれば己だけ。
7ヶ月ぶりのライブという事で曲の構成で心配な点がいくつか…まぁ大丈夫でしょう!とこういうとこは非常に楽天家。

ライブはmymlからスタート。
俺もリスペクトするshozoちゃんは今日もナイスドラミング。
しかもスネアとフロアの角度がなかなか鋭い。



はじめちゃんから「THEが抜けてます...」と指摘あり修正。

そして我々THE JUNEJULYAUGUST。
全てが久々のようで新鮮で曲に対するタイム感も一周回ってリセットされたみたいで昨夜のリハからいい意味でカチッした演奏ができていた。

手前味噌だが素晴らしいライブだったと思う。
やはりTHE JUNEJULYAUGUSTならではの世界観、緊張感は毎度濃厚な体験ができる貴重な場所だ。

 
風間氏やカカオキッズ周平さんも観に来てくれて嬉しかったな。

打ち上げはしっぽりと、だけど楽しく。
会話で盛り上がりながら高野氏の45歳を祝った。
改めておめでとう!
 
そして今年もmymlの2人と会えて2マンできてよかったし嬉しかったな。
また来年も必ずやりましょう!
 

2017年12月11日月曜日

「45/45」出演者紹介。

45歳誕生日前夜に45曲叩く
という誰に言われたわけでもなくセルフで盛り上がってしまった企画。
冷静に考えると自分の誕生日に自ら企画して出演者やお客さんを集め(しかも有料)でリサイタルを開くというなんとも恥ずかしくナルシスト極まりない行為に内心顔真っ赤っかだがもう後戻りはできない。
やるしかない。
そしてこれを最後の誕生日祭にしよう。
とにかくたくさんの仲間が出演を快諾してくれた。
一つだけまだ内容も未定のバンド以外は全部決まった。あとは一番大変なスケジュール調整だけだ。


 
 
20180209出演者紹介
「カカオキッズ」
名ドラマー高橋浩司をボーカルに迎えたROGUE大好き4人が集まったバンド。まさか早くも第2回目のライブができるとは!
20180209出演者紹介
HUMAN TAIL
ex.BLOODY IMITATION SOCIETY窪とKAZIを中心に2009年結成。
JOY DIVISIONをバックに歌うヘンリーロリンズ」というコンセプトを遥か遠く逸脱したヘンテコR&R BAND
この度5人編成になって再始動。
20180209出演者紹介
THE BEAT UK
CQジュキ、alcana徳山拓磨のツインボーカル、佐山忍、MOGKAZI19711973年生まれの5人からなる伝説の番組「BEAT UK」世代のUKロックカバーバンド。
今回のお題目は?!
20180209出演者紹介
「あきゆきばんど」
記憶が正しければこのメンバーで演奏するのは約10年ぶり?(写真も古い)
The Cavemansあきゆき、REDЯUM剛、COCK ROACH本田祐也、KAZIからなるFISHMANSリスペクトバンド!
20180209出演者紹介
REDЯUM Tribute Band
トリビュートと言いながら本人達をバックにTHE BACK HORN山田将司をボーカルに迎えてREDЯUMを演奏します!

20180209出演者紹介
1BANDです。
こちらの発表はまた後日。
という濃いメンツで45曲やります。
 

2017年12月10日日曜日

パッセンジャー。


風邪はだいぶ治ってきたが油断大敵。

部屋の空気を入れ替え掃除を。
ポスターの模様替えをしようと買い貯めしているポスターの中から選定するもフレームが大きすぎてポスターとサイズが合わず断念。

もっと必要最小限のものだけ残してあとは全部捨てようと着なくなった服や雑誌など躊躇せず捨てる。
考えたらどうしても必要なものってそんなにない。なくても生きていけるものばっかりだ。
そう思うと少し楽になった。

 
 
「シークレットアイズ」
ニコールキッドマンとジュリアロバーツ共演のサスペンス。重い内容だったけどなかなか見ごたえあった。

シリーズ 今日の一枚♫:Iggy Pop「Lust For Life」(1977)