2018年4月18日水曜日

下北沢の夜。


下北沢。
結構な数来たことあるのにいつも飯屋に困り結局サイゼリアに落ち着くかウロウロしていたずらに時間が過ぎるかのパターン多し。

初「そると」にてつけそばを。
美味い。しかも麺が。
最近ラーメン外さないなぁ。
満足したところで本日の会場下北沢GARDENへ。

お呼ばれしたイベントで出演者もそしてもちろん機材も多くかなり賑やかなリハ風景。

本日の出番はトップ。
対バン形式で出演者が観ているリハは特に燃える。
中音が爆音で早くも耳が潰れた。

なんだかんだですぐに出演時間。
個人的にはワンマンなどよりこれくらいの演奏時間の方が体力的に疲れるような気がするのはペース配分考えず全力疾走するような感じだからか。

前回の「最高」は模倣せずまた新たな気持ちで挑んだステージ。
機材トラブルもあったがそれすらも演出の一部としてビクともせず、また久しぶりの曲もあったりして楽しみながらアツい演奏ができたと思う。

こういうイベントにもっといっぱい出演していろんなまだ我々のことを知らない人と出会いたい。



入った居酒屋で田口トモロヲさんと居合わせ阿波おどり好きのトモロヲさんと阿波おどりの話やら少しの間だったが楽しい酒だった。


四月の6本中2本が終了。
ここからの4本は全て別バンド。
一つ一つ確実にそして楽しみながら演奏しようと思う。




本日のローディーは昭和のヤンキー感満載のゆーじろー。

PLASTICZOOMS JUNとfox capture plan司という珍しい組み合わせで顔を出してくれた。ありがとう!



シリーズ 今日の一枚♫: CHRIS DAVE AND THE DRUMHEDZ「CHRIS DAVE AND THE DRUMHEDZ」(2018)

現代最高峰ドラマーと呼び声高いCHRIS DAVEのすこぶる気持ちいいアルバム。
同い年だ・・・俺も頑張らんと。

カッコイイ

2018年4月16日月曜日

続・高円寺の夜。

目がうつろな俺・・・

前夜のライブの疲れを引きずりながら日中をなんとかやり過ごしここのところ自炊めんどくさい病だったが奮起して久々に豚肉と白菜を蒸し蒸しして映画を観る午後のひと時。

さて早すぎる(17時前!)が最近忙しかったからもう寝ちゃうか!
なんて思って鍋片付けて洗いもんしてるとG.D JOE兄ィから呑みのお誘いLINEが。
指定された店に着くとなんだか賑やかなご一行。
アナーキーシゲルさんがいる!
先日の伸一さんといいなんて日常だ。


JOEさんが皆さんを紹介してくれて宴に混ぜていただく。
メンバーには商店街のBAR店主など地元呑み感。すっかり福岡より杉並の方が長いもんな。しかもこの店主は田川出身ということで筑豊トークにも花咲かせ酒(ピーホツ)も進む進む。

途中シゲルさんに自分の経歴を話すと
「何お前窪ともやってんのか?!あいつ今でも歌ってたんだな!そかよかった」
と先日の伸一さんと同じリアクションで俺まで嬉しくなった。

続けてシゲルさんが「俺の後継者はMAD KYONOか窪しかいないからなガッハハハ!」と。
そしてJOEさんとシゲルさんの長年の付き合いで培われた絶妙なやり取りやシゲルさんのとても書けないような毒舌トークに笑った笑った。
打ち合わせが入り途中退場したがとても楽しい呑みだった。
ここんと先輩方にお世話になりっぱなしです。
感謝!



TwitterにHUMAN TAILアカウント開設。
そしてTumblrにて窪blogスタート。
脇腹をコチョコチョされてるようなオリジナルな文章。
なるべく毎日書くと言ってるのでお楽しみに。
https://humantailjapan.tumblr.com/


2018年4月15日日曜日

最高の意味。

Way To 2000!

起きてまた高円寺へ。
私は一体一年のうち何日高円寺にいるんでしょ?
住んでしまえばいいのに。

お馴染みHIGH
お馴染みDJ ISHIKAWA企画
年に一度の風物詩なのか騒音寺との2マン
不快感な要素が一つもない。

リハから何も問題なし。
思えばリハで問題あったことなんてこれまでの音楽人生であっただろうか。
そこまできてジタバタするやつは事前に準備ができてない証拠だ。
って、あ!あったわ・・・偉そうな前言完全撤回。



手を振るというか一人万歳みたいになっとる・・・

いつもいつも
もっと無茶苦茶やりゃよかった
って思う。
本気でやってるからそれはきっと伝わるだろうから。

思い上がってるわけでも何ともなく昔から何でもいいのだ。
PAが誰だって場所が何処だって対バンが誰だって何でもいいのだ。
責任転嫁したくないから。
だから自分のビートだけを信じてる。
全然変わらないよ20代からそうい気持ちで叩いてるから。
良い環境に越したことはないがそれは俺にとってオマケのようなご褒美のようなもの。

 
最高だった!
と胸張ってしかも全員そう感じることができるライブはそんなに頻繫にあるものではない。
でも
最高だった!
と楽屋に戻り5人がっちり握手した。



原因?要因?は何かわからないしまぐれかもしれないが熱のこもったストレートな演奏ができた。
いつもは一瞬で終わるように感じるのに今夜はとても長く感じたし終わるのがもったいないような気がした。

とにかく最高を更新。
また塗り替えよう。

なんて微妙な表情してるんだ俺・・・
そしてex.シナロケ、ex.ARBの浅田さんが観に来てくれて嬉しかったな。
浅田さんは俺がARBに憧れて福岡から上京した19歳の時練馬富士見台のガソリンスタンドで働いてた時にいきなりバイクで来たんだ。俺は二度見した。「マジか東京ってすげぇ・・・」

そしてガソリンを注ぎながら「すみません、ARBの浅田さんですよね?」と聞いたら「はい」と。
そして俺は「お代はいりません!」と。

何年か前20数年ぶりに会った浅田さんにその話をすると「あの時の君かー!」と憶えてくれてて。
で、今日観に来てくれてすげぇ嬉しかった。

「最高だった!」と親指を立ててくれた。
ex.モッズ(正確には前身バンドの開戦前夜)でサンハウスでシナロケでARBでHOTEIや山下久美子で弾いててホントに好きなベーシストだから「なんか一緒にやろうよ」の言葉が嬉しかった。
好きなことをしつこく好きと言い続けてきてよかった。

2018年4月14日土曜日

高円寺→吉祥寺→高円寺。

サービスセット600円

13:00~15:00東京新のんき連大太鼓舞台メンバーミーティング
15:00~17:00男性着付け練習

所用で13時からの参加だったが第一部は9時~11時と阿波踊り漬け。

舞台用にレギュラー陣で細かいニュアンスの摺り合わせ。
場所を移して着付け練習。
さすがにキャリアを重ねてゆくと着付けも上達するもんだ。

いつもの店で打ち上げ。
忌憚なくいろいろと語り合う時間。


なんだか意外な3マン。
とても楽しみにしていた。
さすが先輩方の熱演。
元気すぎるね。
俺も10年後まだバリバリやれてるんだろか。


打ち上げが始まる前に力尽きて撃沈したところを幸也さんに起こされて「ホラ呑め!」とスマートに持ち込み八海山を渡され酔いに拍車がかかる。やさしい先輩。
伸一さんと初めて話した。
しかも相変わらずギターすごかったな。
窪と伸一さんは一緒にBADFISHやってたからその話をすると「そうか!窪元気か!よかったよかった」ととても嬉しそうな顔をしたのが印象的だった。

最終的にあっちゃんと電車で高円寺に舞い戻りまちゃまちゃの店に連れて行かれ楽しく呑んで〆にJOE兄ィの店へ。
何箇所移動したんでしょ。
しかもライブ前日に嬉し恥ずかし朝帰り。
二十代みたいなことやっちゃいました。
後悔してはない。
だって先輩たちがみんな優しかったから。











2018年4月12日木曜日

二夜連続バカスカ。


昨年頑張って落とした体重も半年くらいかけてゆるやかにリバウンド中なので久々の二日間断食。また絞りましょうかね。
昼飯は高円寺混ぜそば「みなみ」にて混ぜそばを。
相変わらずのもちもち麺は美味い。

夜はTHE BLACK COMET CLUB BANDリハ。
4/15は高円寺で騒音寺との2マン。
セットリストをぶっ通し続けて先日録り終えたアルバムもぶっ通すというワンマン二本やったくらいの濃厚なメニュー。

レコーディング明けの一発目。
GONINで存分に放出しよう

またもや雑なセッティング・・・
シリーズ 今日の一枚♫:近藤智洋「塔」

祝発売!
先月いただいてから何度となく
聴いている。素晴らしいアルバム。


2018年4月11日水曜日

四月の人間の尻尾。


気づいたら(気づいていたが)4月はこれからDJも含めて6本の出演。
今年も目標であるゆったりのんびり生活とはかけ離れてあくせくやっている。

別段蕎麦が好きなわけでもないのに半ばネタ作りのように立ち食いそばに吸い込まれるようにインする日々。
中野駅前の田舎そば「かさい」へ。
久々に食べたが変わらず麺は太いは汁は少ないわかき揚げフニャフニャ。しかし嫌いではない。
そもそも立ち食いそば屋にクオリティーを求めてはいけないような気がする。

風が強い日。
強いというかもはや暴風。
「風ってなんで吹くの?」とポツリ彼が放った言葉に
「考えたこともなかったわ」と俺。





夜はHUMAN TAILリハ。
年始から順調な滑り出しで回り始めたような感じだが早くもいつものペースに戻った感は否めない。

6/10昼ライブに向けて…という予定を変更して新曲作りをガッツリ2時間かけて。
窪節炸裂のレゲエナンバーが出来上がった。

都内2人以外は八王子、松戸、草加とみんな遠方からご苦労様です。

じゃまたとみんなと別れてまだまだ風が強い甲州街道を漕いで帰宅。 


               

不適な笑み・・・

シリーズ 今日の一枚♫:高橋幸宏「WHAT ME WORRY?」(1982)

すごい豪華なメンツで作られたカッコいいアルバム。
当時これに出会っていたらちょっと音楽人生変わってたかもしれない。
しかしドラマーにしてこの才能って恐ろしいし尊敬する。