2017年10月16日月曜日

10/19に向けてのRHレポート③〜無事帰宅部番外編〜

まったく。
毎日雨。
Tokyo Cityは雨だらけ。

夕方からは「JAG OUTS」初リハ。
TARSHIさん高野さんは先日のARBリハでも一緒だったから安心感もあり。

THE STREET SLIDERSカバー。
事前に個人練習に入り詰め込むだけ詰め込んだがまたもや聴くのとやるのは大違いな例のやつ。
改めて自分がリスナーとしてはあまりドラムを聴いてないことを認識。
「あれ?ここでブレイクしてたっけ?」「ここでフィルは俺なら入れんけどな」「やってみるとこんなテンポ速かったんだ?」続々と自分の思い通りにならない事が発覚してきて何度聴いても長年染み付いた手癖足癖を急に変えられるわけもなく四苦八苦しながら時間だけは過ぎていく。

TARSHIさんのカッコいい歌声、哲の貴重なギタリスト姿、MARCHさんのブイブイいわすベース。
一曲通した後に「カッコいい〜!」と誰からともなく。

一回通しただけで既に仕上がっていたが仕上がっても仕上がっても仕上がり足りない我々はもう一回!もう一回!と結局時間いっぱい使い切り何度もセットリストを通し終了。

そして終わりのない(ある)乾杯。

いよいよあと3日後。
あ、まだカカオキッズRHが!





2017年10月15日日曜日

やりたいことをやりたいだけ。

起きて「さぁ今朝は何処へ行こう久しぶりのホリディ」と唄いながら家を出たはいいが真っ暗&小雨。

久しぶりに椎名町が誇る名店「肉そば南天」に行こうと奮起する朝4:30過ぎ。

高円寺を抜け中野から新井薬師方面へ。段々雨足が強くなりこのままだと着く頃にはずぶ濡れ必至と判断して引き返すことに。

なんとなく残念な気持ちを抱えたまま朝のウォーク時々ランを終え帰宅。

しかし雨の日曜日の早朝だけあってゴーストタウンみたいでなかなかよかった。

19:00-22:00
東京新のんき連全体練習@座高円寺

2年数ヶ月ぶりに平成の風間杜夫ことKIWAが連に復帰。
たくさん新人も入るが辞める人もこれまでたくさん見てきたし去る者は基本的に追わないたちだがこうやって復帰するケースはそれほど多くないのでとても嬉しい。


10/21井草、10/29清瀬
と今月は出演が二本。

時間いっぱいみっちり盛り込まれたメニューを。
かなりやり甲斐あるポジションだけに今まで以上に気持ちが引き締まる。



シリーズ 今日の一枚♫:Porno For Pyros「Good God's Urge」(1996)

たまに聴きたくなるけど聴き終わるとやっぱ特別好きってわけでもジェーンズとかに思い入れもないよなぁとか思いながら年1くらいに聴くバンド。それは好きってことか。

#シリーズ今日の一枚




2017年10月14日土曜日

本格復帰。

ツアー中でなかなか練習にでれなかったがようやくぼちぼちと復帰。
また今年も見学希望者や新人が増える時期。
既にチラホラ知らない人の顔が。
増幅は止まらない。
でもきっと他の連も増えてることだろうけど無限に増え続けないのはそれだけ辞めたり休んだりして人もいるということだ。

第9期(正確には11月中旬から)に変わり大太鼓から鉦にコンバート。
多分ほとんどの出演が鉦になるだろう。

大太鼓がやりたくて阿波おどりを始めたわけだから少々複雑だが俺がやらなきゃ誰だやるんだという気持ちで頑張ろうと思う。

練習終わりで別の街に移動して他愛もない話とホッピーで癒された夜。

明日の夜も練習だ。

シリーズ 今日の一枚♫:ELVIS COSTELLO「SPIKE」(1989)


コステロを聴いた初めてのアルバムは多分これかな。


#シリーズ今日の一枚


2017年10月13日金曜日

10/19に向けてのRHレポート②〜無事帰宅部番外編〜

松田のマヨネーズってやつを買ってみた。500円くらい。
まだ食べてはいない。

昨日は10/19に向けてのARBカバーセクションのリハ。
俺はそれぞれ知っているが初めましての方もいてとても新鮮で心地良い緊張感。
ボーカルは高野氏とTARSHIさん。
あっちゃんと百々ちゃんが欠席なので代役も務めてくれる。感謝。

おおまかに決めたセットリストを通す。やはり皆さん昔から聴いていただけあり文句なしの出来。 
特にLINAさんはフレーズも細かくコピーしていてARB愛がうかがえる。

あまりの仕上がりの良さに気を良くした我々は親睦会という名の打ち上げ。
笑った笑った。
益々10/19が楽しみになってきた。
あとはTHE STREET SLIDERリハとカカオキッズの2回目のリハだ。





差。

前日から気温が13℃も下がり一気に寒くなった。
慌ただしくライブや阿波おどりで暮らしていると一年が本当に早い。
しかも年齢を重ねるごとにどんどん加速してゆくような感じ。きっと気づいたら還暦とかになってるね。
やりたい事が多過ぎてどれも追求しきれてなかったり大事なことをいろんなとこに置き忘れてきてるような気がしたり。頭の中はいつも不穏。デヴィッドフィンチャー状態。

帰宅してニューコンミートを肴にチビチビ呑りながら最近ハマってる海外ドラマ「マスターズ・オブ・セックス」を立て続けに。
実在した性科学者の話でかなり興味深くて面白い。

怒涛の曲叩き込み週間に突入。
なんとか10/19をいい夜にしたい。

シリーズ 今日の一枚♫:PJ HERVEY「RIDE OF ME」(1993)

#シリーズ今日の一枚






2017年10月12日木曜日

あと一週間。

10/19にまであと一週間。

今日はラフィンノーズLINAさん、ストリートビーツ山根さんとARBカバーバンドの初顔合わせ。ボーカリストも何名か参加予定。

楽しみだね。


九州北部豪雨災害からまだ三ヶ月しか経っていない。

その間にも世界中でいろんな災害があったり国内は政治が荒れたり色々ありすぎてつい最近のことさえも霞んでしまう。

チャリティーという名目で敬遠する方もいるかもしれないけどあまりシリアスな雰囲気にはしないつもりです。

THE BLACK COMET CLUB BANDを中心にして支援活動をしている「無事帰宅部」。

10/19俺出ずっぱり、高野哲割と出ずっぱり、風間氏スペシャルサンクス。

福岡、大分のミュージシャンを中心に集まってもらいました。


ライブはもちろん全部目玉です。

ドラマー高橋浩司が唄うROGUEカバー。

もちろん俺が叩きます。

Wコウジ共演。

ギターにはREDЯUM時代からの俺の親友でもあり恩人でもある剛さん、そしてベースにex.THE EVERYTHING BREAKS周平さん、奇跡とも言えるROGUE好きが集まったバンド


福岡出身でありタメでもあるモーサム百々ちゃんは弾き語りで出てくれる。

何をやるかはわからないがきっと素敵だと思う。


THE STREET SLIDERSカバー。

スライダーズと言えばボーカルはやはりこの人しかいないTARSHIさん、そしてギターにはスライダース大好き高野哲。ギタリストに徹する哲も貴重です!ベースに福岡出身MARCHさん。ドラムはもちろん俺。かなりカッコいいバンドだと思うよ。(まだリハ入ってないけど)


そしてARBカバーセクション!

スペシャルゲストには敬愛するキースさんと俺との久々のツインドラム、ギターはラフィンLINAさん、ベースにストリートビーツ山根さんという九州男児で固めました。

このメンバーをバックに百々ちゃん、TARSHIさん、ニューロティカあっちゃん、高野哲、で、ARBを歌ってもらいます!

こんな豪華な顔ぶれ滅多にないから10/19は是非、九州北部豪雨災害復興の為に募金すると思って来ていただけると幸いです。

高円寺HIGHも出演者も全てノーギャラで協力していただきました。全額寄付します。


メッセージでもチケット取り置き受け付けてますんでお気軽に!


2017年10月19日(木)@高円寺HIGH

「九州北部豪雨災害支援ライブ〜無事帰宅部番外編〜」


前売り/当日 3000円/3500円

開場/開演 18:30/19:00

プレイガイド発売日:9/1(イープラスのみ)


出演

高野哲

梶原幸嗣

KEITH(ARB,KEITH&BAD EGG)

ATSUSHI(ニューロティカ)

LINA(LAUGHIN' NOSE)

山根英晴(THE STREET BEATS)

百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)

TARSHI

高橋浩司

恩賀周平(electro53)

MARCH(ScarsBorough)

武内剛

風間弘行(THE BLACK COMET CLUB BAND)

DJ ISHIKAWA(DISK UNION/a.k.a.TIGER HOLE)


問い合わせ

高円寺HIGH http://koenji-high.com/



2017年10月10日火曜日

何もしないって難しい。

財布の中の三万円をどうしても全て千円札に両替したい。
通りかかったコンビニの外に一台の両替機が。
早速両替を…
しかししわくちゃの一万円札をなかなか飲み込んでくれない…すると後ろにサラリーマン風のおじさんが明らかにいらついた顔で並んでいる。
焦っても一万円札は両替機に入ってはくれず何度も戻って来る。
せっかちな俺も段々イライラし始めた時に「おいおい待たせすぎだよー早くしろよ!」とおじさんが文句を言ってくたので「あ?!」と喧嘩になる。

と、ここで目覚めたファイナル翌朝。
なんじゃこの夢。

インターネッツ調べでは
両替をするという事には出したものと等しいものが戻ってくるという事。つまり両替をしてもらおうとした相手と自分が等しいという事になるのです。なので夢占いでは相手と自分の価値観や物事の考え方などが等しくあって欲しいと思っているという事です。
両替をしてもらったものを見て、それが何だったとしても自分が満足をしているという夢を見た場合は、自分に対しての周囲の評価に対して自分が満足をしているという意味になるそうです。』

うーんよくわからん。
しかも両替できてないってことは周囲の評価に不満を抱いてるということか……もっと評価上げて。

しかし何もしないのって苦手だ。
こうなりゃ個人練習でも入るかって一旦高円寺のスタジオ方向を目指すも「いやいや今日くらい叩くのやめよ」と行きつけのTSUTAYA方向へ。

身体中に湿布を貼りまくる。
暑いが窓を開け水炊き&酒。
汗をかきながら映画を観る。
俺にとっての贅沢な時間。

観たかった「LION」を。
実話とか実話に基づいたとかに滅法弱い私。そしてルーニー・マーラにも弱い私。

そりゃ泣きますよ。
涙もろいのも認めますよ。

映画館で観なくてよかった…
見知らぬ人たちの前で号泣は辛い。

しかし役者がみんな(特に子役)素晴らしかった。観てよかった。

久しぶりにゆっくり静養できた1日だった。



シリーズ 今日の一枚♫:Björk「Debut」(1993)

#シリーズ今日の一枚

2017年10月9日月曜日

ツアー五発目はファイナル@高円寺HIGH。

ファイナルの朝。
新しい朝がきた。

夜明け前に家を出て恒例の朝ウォーキング。
薄暗い川沿いに誰か倒れていてそれを介抱するかのような群れ。
ジョギング中に体調でも悪くなったんやろか?
とゆっくりと人だかりの方に近づいて行きくと…
横たわっているのは巨大な犬、介抱してるんではなくご老人が微笑みながら輪になって犬を愛でてる光景だった…

HIGHに着くやいなやすぐに看板を描く。
そしてすぐに搬入からセッティング。
毎度仕事が早い我々。
個人的にダラダラするのが苦手なんです。

ステージ上は安心安定のHIGH。
PA M氏&照明M氏の安心安定のコンビ。
何も不安はない。

長いバンド人生の中で一番終わるのが淋しいツアーだったもしれない。

でも楽しくて終わりたくないという想いではなく「明日は、次はもっといい演奏できる」という手応えを感じていたから。だから明日からまた何箇所でも回りたいと素直に思ったしこのいい空気を、勢いを止めたくなかった。

とは言えファイナルはファイナル。
これまでの4箇所よりも更に終わりが早く感じた。
気づくともう終盤。

満員のHIGH。
泣いてる人、笑ってる人、叫んでる人、いろんな顔が観えた。
とにかくステージ上では今までの自分達とは違うくらいにエネルギーを放出してると思うしそれが直に客席に届いているんだと感じる。

現時点での我々の最高のツアーファイナルだったと思う。

打ち上げは中華屋にてワイワイと。
「こんなもんは道端に生える草だ!!」とパクチー大嫌いな勝さん&風間氏。
タメ同士であるLOFT大塚店長とex.LOFTスタッフはじめの一気対決。
メンバーやHIGH店長サルーンちゃんやM・O・Gさんと楽しく呑んで意外とあっさり解散。

名古屋JAMMIN'
大阪FANJ twice
札幌SPIRITUAL LOUNGE
千葉LOOK
高円寺HIGH
ありがとう!

そして会場に足を運んでくれた全ての皆さんに感謝!

鬼のような形相で回鍋肉をかっこむ風間氏。何人たりとも彼の皿には近づけない。








2017年10月8日日曜日

ツアー四発目@千葉LOOK。

昼頃都内を出て入り時間のだいぶ前に千葉到着。
少し寄り道したり時間を潰しながら本日の会場千葉LOOKにイン。
ちょうど去年の今日にライブをやったから365日ぶりだ。

リハも快調。
楽屋でも和やかに談笑したり。このツアーでより個々のキャラや役割りが明確になってきたような印象でバンド内の雰囲気もとても良い。

本番。
早くも札幌を更新してしまった。
明日がコワイね。
今のTHE BLACK COMET CLUB BANDかなりヤバイと思う。放出するエネルギーがね。ズバーーっと真っ直ぐ音が飛んで行ってると思う。

明日は余力を残さずやる。
日々の鬱屈を全て蹴散らす。
楽しみだね。